会社を辞める前に済ませておきたい在職中でなければ出来ないこと

サイト内には広告があります

退職前に旅のおすすめ 課題と試練

退職して会社員の立場でなくなる前にしておきたいことは、いろいろあることと思います。

人によっては新しい環境に期待があって会社員としてというより新しい仕事の準備にしか目が向かないこともあるでしょう。

スポンサーリンク

退職前にやっておきたいこと

私の場合は、引継ぎを充分に済ませることに集中していたので、とくに今のうちに会社で何かをしておきたいとか、せめて仲間の為ににこれだけはということはありませんでした。

定年を待たず辞めてしまうことで後ろめたさのような緊張感は常にあったので、それを紛らわすために毎朝走っていたというのはありました。

急にストレスが溜まって最後の最後に爆発してしまったのではよろしくありません。

それから、同じような目的で気持ちを前向きに維持するために退職の2カ月まえから読書をする時間が多かったです。

プライベートでは旅行がおすすめ

もし、同じような立場の方で定年を待たずに会社を辞めることを考えている方がいらっしゃるなら、退職前に一度旅行にいってみてはどうかとおすすめします。

JR東日本の50代から入会できるサービスで大人の休日倶楽部(JR西日本などでは内容が異なる別なサービス)というのがあるのですが、その会員向けに年3回販売される大人の休日倶楽部パスという乗り放題の切符があるのですが、そうしたお得なサービスは会社員のうちでないと受けることができません。

脱サラ企業を希望する方向けに情報配信しているブログサイトなどで、よく退職前にクレジットカードを作れとか、資金の融資を受けておいたほうが良いとか薦めていたりしますが、そうした意味とは別に乗り放題切符での旅行を体験してみてはというものです。

この大人の休日倶楽部パスを最大限に楽しむためには4日間ほど連続の休日が必要になります。

旅行目的での休暇の取得は、なかなか言い出しづらいかもしれませんが昨今では許容される風潮の会社が多いのではないでしょうか。

ゆっくり旅行を楽しむことで、もしかしたら心変わりがあって今の会社でまだ頑張れそうだという気持ちになれるかもしれません。

逆に、自分の決断に背中を押してくれる体験に遭遇することも期待できるでしょう。

いずれにしても、不安や緊張感を感じることがあるなら自分の気持ちを確認するためにも旅に出かけることはおすすめです。

PR

おすすめ記事

定年まであと数年、それでも時期を待たずに自己都合退職するメリットは自由になれること
るより今の職場にとどまり働き続けたほうが安全であるのは間違いありません。それでも時期を待たずに自主退職することの一番のメリットは「自由になれる」という一言に尽きるでしょう。
脱サラした年のe-Tax確定申告【退職後の収入が少なかった場合】
ければなりませんが、収益が少なかったときは還付申告で済ませることができます。
タイトルとURLをコピーしました