輝けミドル!重ねた経験は裏切らない

輝けミドル!重ねた経験は裏切らない

サイト内には広告があります

ビルの窓から街を一望できる眺め
新着記事
定年まであと数年、それでも時期を待たずに自己都合退職するメリットは自由になれること
定年まであと数年になると、自分で事業を起こすなど新たな夢を見るより今の職場にとどまり働き続けたほうが安全であるのは間違いありません。それでも時期を待たずに自主退職することの一番のメリットは「自由になれる」という一言に尽きるでしょう。
やる気がでる映画として評価が高いLIFE!はおススメ度満点な作品
今まで鑑賞した中で見ればやる気がでる映画として確信できた1本が「LIFE!」という作品。LIFE!はアクション的要素も含んでいるわりに視聴者を焦らせたりすることがなく見た後に気持ちが暖かくなる効果も感じられる映画です。
長編小説の読書で乱れた生活リズムを「マンガとDVD映画」で回復
普段は小説などを読む習慣がない人なら長編小説を読み切ったあとに心身の疲労や消耗感が現れても不思議ではありません。また、これらに伴う生活の乱れなどもあるようなら早めに回復させたいものです。
難解な長編小説「カラマーゾフの兄弟」を読み切るコツ
特に読書好きでもない一般の社会人である自分が難解な長編小説「カラマーゾフの兄弟」を読み切った体験を基に、この作品を全巻読了するためのコツをまとめてみました。
カラマーゾフの兄弟を読み終えた感想と達成感
世界的に評価が高いドストエフスキーの長編小説「カラマーゾフの兄弟」を読み終えて第一に感じたのは長い物語を読み切ったという達成感。それと全体のあらすじが明確に把握できたということ。
そうだ「カラマーゾフの兄弟」を読もう
ページ数の多い小説を読むためには読み切るための時間と覚悟が必用で、その例えにもっとも当てはまるのがドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」だと言えるでしょう。

人気記事
退職日までのカウントダウンが始まる【残りの時間をどう過ごす】
3月の後半に入り、会社を辞める日、会社員であることを終える日がが近づいてきた。あらためて感じるのは、自己都合では会社を辞めるとき、入社時に仕事を覚え雰囲気に慣れること以上に気力が必要で平静を装うことが大変であるということ。
住宅ローンは脱サラ・転職の最大の足かせになる
脱サラや転職に挑戦したいのに躊躇してしまう原因となるものに住宅ローンがある。脱サラは借金があっても実現できなくはないが大きな重荷になることは間違いないでしょう。
会社という組織への服従から逃れた日
会社員最後の日となった3月31日(木)は特に緊張を強いられることもない代わりに挨拶周りで忙しかった。それより前日まで続いた事務の引継ぎと居心地の悪さに体力が消耗したのは、想定を越える程度のものだったと感じる。
脱サラした年のe-Tax確定申告【退職後の収入が少なかった場合】
会社を辞めた後に個人で仕事をして収益を受けたら確定申告をしなければなりませんが、収益が少なかったときは還付申告で済ませることができます。
好きこそ物の上手なれは大人の脱サラ決行者へ適用できるか
好きなことを仕事にしても必ずしも上手くいくとは限らないという話は昔からよく逸話のように語られます。趣味などを仕事にしてしまうと好きなことが嫌いになってしまうからとか理由は様々なようです。
仕事を辞めてから3か月が経過したが特に変化はなく進歩もない
仕事を辞めてから3か月経つが特に状況は変わらず躍進も落ち込みもない毎日を過ごしています。 特に体制に影響がないところでは、通っていたフィットネスジムを今月いっぱいでやめることにしました。 3か月経つも変わらぬ毎日 退職してすべての縛りから自...

人生100年時代と言われる中で自分の時間を大切にしたいと考え脱サラを決断。

このブログ「50代脱サラここだけの話」では、会社退職後の歩みによる困難や失敗などの経験談を書き残しているものです。

タイトルとURLをコピーしました